トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

WorkShop03

計測自動制御学会 制御部門 制御理論部会

制御理論部会最先端ワークショップ:「システム科学とグリーンイノベーション」

計測自動制御学会制御部門制御理論部会では制御理論と他分野との新しい接点を探り,討論を通じて交流を深め,制御理論の今後の発展を促すことを目的として,来る2011 年10 月31 日(月) に標記ワークショップを企画しました.今回は,JST/CRDS のシステム科学ユニットでグリーンイノベーションに関して取り組んでおられる,理研の木村英紀先生(JST 上席フェロー) と,早稲田大学の内田健康先生,さらには,産業界を代表して(株) 東芝の飯野穣様を講師にお招き致しました.制御工学・システム科学に携わる方々のグリーンイノベーションに対するより一層の貢献を期待して,制御理論の果たすべき役割や,学界・産業界の新しい取り組みなどについてご講演頂く予定です.制御理論の応用に興味をお持ちの皆様,とくに新しい問題にチャレンジしようとする若手研究者の聴講をお待ちしております.奮ってご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます.
  • 主催・企画:計測自動制御学会 制御部門 制御理論部会
  • 共催:計測自動制御学会 制御部門 エネルギー・環境システム制御技術調査研究会
  • 期日:2011年10月31日(月)
  • 参加費:無料(要事前登録)
  • 会場:京都大学東京オフィス会議室(東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟27階)
  • 品川駅・東西自由通路(レインボーロード)より品川インターシティA棟へ入館後,エスカレータで3Fまで上がり,高層階エレベータを利用して27F までお越しください.
  • 講師
    • 木村 英紀 君(理化学研究所 理研BSI-トヨタ連携センター連携センター長)
    • 内田 健康 君(早稲田大学 理工学術院 先進理工学研究科 電気・情報生命専攻 教授)
    • 飯野 穣 君(蠹貅如.好沺璽肇灰潺絅縫謄事業開発部 主幹)
  • 定員:50名
  • スケジュール:司会 池田建司(徳島大学)
13:20-13:30 開会挨拶:児島晃(首都大学東京) 
13:30-14:30 講演1(木村 英紀 君):
「グリーンイノベーションとシステム制御」
14:45-15:45 講演2(内田 健康 君):
「新しい電力ネットワークシステムにおける需給制御の統合メカニズム」
16:00-17:00 講演3(飯野 穣 君):
「産業界における電力・エネルギー・環境に向けた諸課題」
17:00-17:25 総合ディスカッション
17:25-17:30 閉会挨拶:児島晃(首都大学東京) 

 講演概要

講演1:グリーンイノベーションとシステム制御

  • 講師:木村 英紀 君(理化学研究所)
概要:政府は第4 期科学技術基本計画でグリーンイノベーションの実現をひとつの柱に据えた.グリーンイノベーションを実現するには,さまざまなエネルギー要素技術をさらに進化させると同時に,それらを統合し社会に実装するための制御をはじめとするシステム科学技術が重要な役割を演じる.特に制御理論と制御技術は分散型エネルギーシステムの構築・運用・評価にはなくてはならない基盤技術であり,多くの未解決問題を解くために理論技術両面にわたる発展が期待される.グリーンイノベーションに関連してシステム制御理論の解くべき問題を提示してみたい.

講演2:新しい電力ネットワークシステムにおける需給制御の統合メカニズム

  • 講師:内田 健康 君(早稲田大学理工学術院先進理工学研究科電気・情報生命専攻教授)
概要:環境・エネルギーシステムの革新に向けた議論が進む中で,システム科学,とりわけ制御分野への期待が高まっている.ここでは,新しい電力ネットワークシステムの構築を念頭に置いて,ネットワークの構成要素である需要・供給システムにおける利己的決定・制御を,ネットワーク全体の利益(経済性、省エネルギー性,信頼性,安定性など)に結び付ける統合メカニズム,すなわち需要・供給システム間の関係性の制御について議論する.

講演3:産業界における電力・エネルギー・環境に向けた諸課題

  • 講師: 飯野 穣 君(蠹貅如.好沺璽肇灰潺絅縫謄事業開発部主幹)
概要:3.11 大震災以降,わが国のエネルギー政策は,再生可能エネルギーのさらなる導入に重点化しつつある.一方で不安定な再生可能エネルギーをうまく使うスマートグリッド技術がわが国でも重要となってくる.さらに多様なエネルギーインフラを導入したスマートコミュニティなどの新しいインフラ技術が注目されている.これらの動向をサーベイし,現在の産業界が直面する技術課題,経営課題,およびその解決策の取り組みを紹介する. 

 参加申込方法

参加者氏名(複数可) および連絡事項(勤務先,所属,住所,電話番号,E-mail アドレス) をご記入の上,下記までE-mail でお申し込みください.

 申込締切:

2011 年10 月21 日(金)
定員に満たない場合は申込締切後も受け付けますので,下記までご確認ください.

申込先: 池田建司
徳島大学工学部知能情報工学科,
Phone& Fax: 088-656-7504,
E-mail: ikeda[at]is.tokushima-u.ac.jp(atは@に直して下さい.)

Copyright (C) 2010 (社)計測自動制御学会 SICE制御部門