第11回 適応学習制御シンポジウム

シンポジウム資料(予稿集)のP.35~P.38にミスプリントがありました.

原稿タイトル「逆システムの直列結合による仮想フィードバック誤差学習」

著者 野口 慎,杉本 謙二 (奈良先端科学技術大学院大学)

正しい原稿はこちらです

  • 主催:計測自動制御学会 制御部門
  • 企画:産業における適応学習制御調査研究会

第11回適応学習制御シンポジウムを下記の要領で開催いたします.適応システム,学習システム,また,これらに関連のあるご発表をお待ちしております.応用例も特に歓迎します.既発表のものでも,何らかの新しい解釈,展開が付け加えられているならば結構です.奮って論文投稿,ならびにご参加をお願いいたします.

  • 期日:2011年1月24日(月),25日(火)
  • 会場:東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館E・10階大会議室

プログラム

講演申込み締切:2010年11月30日(火)

  • 講演申込ページ

(行事名:第11回適応学習制御シンポジウムの申込み欄の「講演申込み」をクリックして,第11回適応学習制御シンポジウム用フォームに必要事項をご記入の上,ご送信ください.)

  • 講演時間:1件25分(質疑応答含む)
  • 学術奨励賞:本会会員であって,学術奨励賞の審査を希望する場合は,制御部門ホームページ記載の要領でお申込みください.

原稿締切:2010年12月27日(月)

  • 講演原稿:A4判4ページ(偶数ページ超過可)
  • 執筆要綱:SICE制御部門の執筆要綱をご覧ください.
  • 原稿提出方法:電子メールにて,原稿(PDF形式)を下記までご送付ください.
  • 送付先:愛媛大学 教育学部 大西義浩 宛

E-mail: ohnishi[at]ehime-u.ac.jp([at]を@に変換して下さい)

  • 送付物:原稿(PDF形式:2MB以内)
  • 著作権:著作権は,(社)計測自動制御学会に帰属します.

参加申込:登壇者も参加費が必要となります.

  • 申込締切:2011年1月17日(月)
  • 参加申込ページ

(行事名:第11回適応学習制御シンポジウムの申込み欄の「参加申込み」をクリックして,第11回適応学習制御シンポジウム用フォームに必要事項をご記入の上,ご送信ください.)

参 加 費:参加費には論文集代,消費税が含まれます.

  • 会員・協賛:4,000円,学生会員:1,000円,
  • 会員外:7,000円,学生会員外:3,000円

論文掲載料(別刷料金): 登壇者は参加費のほかに下記の論文掲載料が必要です.

  • 4頁:8,000円,超過2頁ごとに4,000円(消費税込)
  • 支払方法:申込みの際にご指定ください.

技術交流会

技術交流会を初日講演終了後に開催いたします.気軽に意見交換が可能ですので,何卒奮ってご参加ください.

  • 日時:2011年1月24日(月)18:00~
  • 会費:一般4,000円 学生2,000円
  • 場所:大岡山駅近辺